GIMPでWordPressのアイキャッチ画像の大きさをそろえてみる

 WordPress でブログを運営している人は、記事の冒頭にアイキャッチ画像を設定している人も多いかと思います。その際に素材サイトを利用するかと思いますが、ダウンロードした素材の大きさはバラバラです。横幅だけそろってれば問題ない人は画像を縮小するだけですが、レイアウト的に毎回同じ大きさにそろえたい人もいるかと思います。そんなときには、この方法でトリミングするとよいでしょう。

素材

 操作説明に使った素材を頂いた素材サイトさんです。今回使ったもの以外にも素敵な素材をたくさんそろえておられるので、これを機会にぜひご利用ください。利用規約はちゃんと確認してね。

縮小

 画像を縮小するだけで済む場合は、こちらを参考にしてください。

操作

ツール「矩形選択」を使います。

20151031_1

好きなところで左クリックでドラッグ&ドロップすれば点線で囲まれた内側が切り取る対象になります。

20151031_2

範囲選択をやり直したい場合は、メニューの「選択」→「選択を解除」で一度選択した範囲を解除し、もう一度選択しなおしてください。

20151031_3

「ツールオプション」ダイアログからいろいろと設定することができます。例えば、「左上角の座標」で次のように設定したとします。

20151031_4

左側が X 軸、右側が Y 軸になります。出発点を原点に移動しました。先ほどの選択範囲部分が移動します。

20151031_5

 切り抜くときに画像の構図も意識したいといった場合、ツールオプションでガイドを表示させることもできます。

20151031_6

構図を決めたら、左クリックでドラッグ&ドロップすると選択範囲と同時にガイドを表示してくれます。

20151031_7

あとはツールオプションで座標やサイズの細かな調整を行えばよいでしょう。

境界をぼかしたり、角を丸める切抜きもできるので、いろいろ試してみてください。

切り抜く選択範囲が決まったら、メニューの「編集」→「切り取り」または「編集」→「コピー」を選択してください。

20151031_8

今度はメニューの「編集」→「クリップボードから生成」→「画像」を選択します。

20151031_9

すると、新しい画面に先ほど切り取った画像が表示されます。キャンパスの大きさは、先ほどの選択範囲の大きさになります。

20151031_10

保存

切り取った画像を保存します。メニューの「ファイル」→「名前を付けてエクスポート」を選択してください。

20151031_11

「画像をエクスポート」ダイアログが表示されるので、名前を入力してエクスポートボタンを押します。

20151031_12

画像の拡張子ですが、写真や画像にグラデーションがかかっているなら .jpg、イラストなら .png がよいでしょう。

ちょっと小技

 画像の下側を少し削りたいだけのときとか多いかと思います。

20151031_13

手順として、

  • まず適当な部分で選択範囲を作成する
  • ツールオプションで原点に移動する
  • サイズで幅を画像の大きさと同じにする
  • サイズで高さを目的の大きさに調整する

とするのが一般的だと思います。

こうやって選択すると早いです。

20151031_14

後で高さだけ調整してください。このように選択した画像を切り抜くとこうなります。

20151031_15

手順で切り抜いた画像と同様のものが生成されます。ほんの少しばかりですが、手間が省けるのでお試しを。

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!

TOP