GIMPの矩形選択ツールの使い方

矩形選択ツールといえば、GIMPのなかでよく使われる機能のひとつです。ブログをやっている人ならアイキャッチ画像の作成などでお馴染みだと思います。

単純に四角く選択するという機能ではありますが、いくつか用意されているオプションを使いこなせるようになると、作業がより効率良くなるので練習してみましょう。

基本的な使い方

矩形選択ツールをクリック。

マウスの左クリックをドラッグ&ドロップするだけですので、感覚的に操作できると思います。

選択範囲はあとから修正することができます。マウスカーソルを選択範囲に近づけると、修正できる状態になります。

ななめ方向に修正すればより効率的です。

フリーハンドではなくもっときっちりとした範囲選択をしたければ、ツールオプションからX・Y座標や幅・高さを指定できます。原点はキャンバスの左上です。

選択範囲の解除

範囲選択をしてみたけど失敗しちゃった、というときには選択範囲を解除してあげます。メニューの「選択」→「選択を解除」をクリックします。

キーボードのショートカットキーとしてCtrl+Shift+Aを同時に押しても同じです。

モード

GIMPの範囲選択ツールにはモードがあります。これは矩形選択だけでなく他の選択ツールでも共通の機能です。シンプルな機能である矩形選択ツールでモードの使い方をマスターしておくとよいでしょう。

選択範囲を新規作成または置き換えます

選択ツールの初期設定はこちらのモードになっています。

このモードは選択範囲を新規作成してくれます。すでに範囲選択あった場合、先にあった選択範囲は解除され、新しく選択した部分が選択範囲になります。

選択範囲に加えます

先ほどのモードでは新たに範囲選択をすると前の選択が解除されてしまいますが、このモードは選択範囲を追加してくれます。

複数の場所を選択したい場合にこちらのモードを使います。

ほかの選択ツールと併用することもできます。

キーボードのShiftキーを押してから範囲選択すると、こちらのモードになります。

後ほど解説しますが、範囲選択している途中でShiftキーを押すと正方形を作成できるのですが、こちらの操作と混乱しやすいのできちんと使い分けられるようにしてください。

選択範囲から引きます

このモードではすでに範囲選択あった場合、あとから選択した部分と重なった範囲が引かれます。

こちらのモードもほかの選択ツールと併用できます。

キーボードのCtrlキーを押してから範囲選択すると、こちらのモードになります。

現在の選択範囲との交差部分を新しい選択範囲にします

このモードではすでに範囲選択あった場合、あとから選択した部分と重なった範囲が選択範囲となります。

例えば、次のように2箇所を楕円選択ツールで先に選択していたとします。次に矩形選択ツールをクリックし、こちらのモードにしてから先ほどの選択範囲と重なるように選択すると、

共通部分が範囲選択されます。

当然、こちらのモードもほかの選択ツールと併用が可能です。

キーボードのShift+Ctrlキーを押してから範囲選択すると、こちらのモードになります。

境界をぼかす

「境界をぼかす」にチェックを入れると、半径を入力できるようになります。

こちらは640X400のキャンバスに半径50でぼかして四角形を描画色で塗りつぶしたところです。

四角形の角を丸める

矩形選択ツールをクリックした後にツールオプションの「角を丸める」にクリックを入れると、半径を入力することができます。

こちらは640X400のキャンバスに描画した矩形選択に半径25を設定したものです。画面を見ながら調整してください。

「境界をぼかす」と「四角形の角を丸める」での注意

これらふたつのツールオプションを使うときには、操作の手順に注意する必要があります。

1.矩形選択ツールをクリック
2.「境界をぼかす」or「四角形の角を丸める」にチェックを入れる
3.範囲を選択する
4.半径を設定する

範囲選択してからチェックを入れても、半径の設定は選択範囲に適用されないので注意してください。

値を固定

「値を固定」にチェックを入れます。

縦横比

初期設定では「現在の縦横比」とテキストが入力されていますが、テキストを消去した後、ここに半角で「1:1」とキーボードから入力すると、正方形を作成することができます。

手順としては、チェックを入れる→1:1と入力→キャンバスで範囲選択となります。

もちろん2:1でも4:5でも大丈夫です。

正方形の作成ですが、矩形選択の途中でキーボードのShiftキーを押しても作成することができます。その場合、左クリックを離す→Shiftキーから指を離すという手順に注意してください。

操作に慣れていないと、正方形を作成し切っていないのにShiftキーから指を離してしまい、きちんと正方形になっていないことがよくあります。

幅、高さ、サイズ

これらは操作感がよく似ているのでまとめて説明します。

まずは矩形選択ツールをクリック。次に「値を固定」にチェックを入れて、「幅」をクリックします。

作成したい幅を入力します。今回は150ピクセルを指定。

ここで範囲を選択します。すると、幅が150ピクセルに固定され、高さは自由に選択することができるようになります。どんなに高さを変更しても、幅は150ピクセルで固定です。

高さ、サイズについても同様です。大きさを指定してから範囲選択、という手順になります。

ハイライト表示

選択した部分をハイライト表示します。

どこを選択しているのかがわかりやすくなります。

ガイド(見当線)

選択範囲内を分割するガイドを表示します。

画像は三分割法によって選択範囲の内側が分割されているところです。

これらは写真の構図法によって効率的に作業するために活用できます。写真を切り抜く際に構図を意識すると、画像がより魅力的になります。選べるオプションは6種類です。

  • 表示しない
  • センターライン
  • 三分割法
  • 五分割法
  • 黄金分割
  • 対角線構図

まとめ

ひとくちに矩形選択といっても、オプションを活用するとできる作業の幅はかなり広がると思います。より良く画像の編集ができるように役立ててください。

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


TOP