「Internet Explorerは動作を停止しました」ダイアログについて

 Windows のセキュリティを保つためには Windows Update は欠かすことができません。ところが、これがインターネットエクスプローラーを起動できなくするトラブルを引き起こすことがあります。症状として、まず「Internet Explorerは動作を停止しました」というダイアログが表示されます。

20161013_1

 その後、ダイアログを閉じるとブラウザ画面に「お使いのコンピューターを保護するため Internet Explorer はこの Web ページを閉じました。」と表示され、ウェブページを表示してくれなくなってしまいます。

20161013_2

 Google アドセンスの公式サポートブラウザから外されるほど利用シェアの低下している Internet Explorer ですので、ほかのブラウザを使えばそれで済むかもしれません。ところが、DMM の動画をダウンロード版で購入し、ローカルの DMM Player で視聴する場合には再生できない問題が起こります。

 DMM のダウンロード版は視聴開始の際に正規購入品であることを確認するため、ライセンス認証を行います。どうやら DMM Player はこの認証で Internet Explorer の機能を利用しているようで、このエラーを解決しないと動画再生ができなくなってしまいます。これは放っておくわけにはいかない(切実

 そこで、Internet Explorer が起動しなくなるトラブルを解決する方法を調べてみました。動作環境は Windows 7 Professional 64 bit版、Internet Explorer 11 です。

Windows Updateを行う

まずは適用されていない Windows Update がないか確認しましょう。コントロールパネルから「システムとセキュリティ」→「更新プログラムの確認」をクリックします。

20161013_3

更新するプログラムがあった場合には適用し、必要があれば再起動してください。これで解決しなければ、この後の手順を試すことになります。

Internet Explorerのアドオンをすべて無効にする

アドオンとは Internet Explorer の機能を拡張するためのものです。動画プレーヤーや PDF の閲覧、ツールバーの追加などはこのアドオンによって実現されています。そんな便利なアドオンですが、たまに動作をおかしくする悪さをするときがあるので、これを停止させてみます。

「ツール」→「アドオンの管理」とクリックし、管理用のダイアログを表示させます。

20161013_4

左の真ん中のプルダウンをクリックし、「すべてのアドオン」を選択。

20161013_5

Internet Explorer にインストールされているアドオンがすべて表示されるので、キーボードの Ctrl + A や Shift キーなどを使ってすべて選択し、右下の「すべて無効」ボタンを押します。

20161013_6

余談ですが、作業終了後にはアドオンをもとの状態に戻さなければなりませんので、有効だったアドオンをメモしておかなければなりません。ひとつひとつ手書きでもいいのですが、画面のスクリーンショットを使って手軽に済ませてしまいましょう。当ブログおすすめのフリーソフトはこちらです。

アドオンをすべて無効にした後、Internet Explorer を再起動して Web ページが表示されれば原因はアドオンということになります。今度は先ほどのメモをもとに必要なアドオンをひとつずつ有効にしていき、原因のアドオンだけを無効にすればよいです。

どうしても必要なアドオンだった場合、公式ホームページからアドオンをバージョンアップできることが多いようなので、バージョンアップして様子を見るようにしてください。ちゃんとした有名アドオンであれば、対応も早いはずです。

Internet Explorer の設定を初期状態に戻す

「ツール」→「インターネットオプション」をクリック。

20161013_7

「詳細設定」タブをクリックし、「リセット」をクリックします。

20161013_8

設定をすべてリセットするか確認されます。

20161013_9

ここで「個人設定を削除する」を選択すると、入力したパスワードなどもリセットされることになります。ネットショッピングやネットバンクなどアカウントへのログインが必要なサイトにおいて、Internet Explorer のパスワードオートコンプリート機能を利用している人は、ID などをメモし忘れないようにしてください。ログインできなくなったりします。

操作完了後、コンピューターの再起動を求められるので、パソコンを再起動します。Internet Explorer の動作確認を行ってください。私はこれで解決しました。

 私は Internet Explorer の設定を初期化することで問題を解決できてしまったので、ここから先の動作確認を行っていませんが、上記で解決しなかった場合にどのような対策をとればいいのかを調べたものをまとめておきます。

ウィルス対策ソフトを停止する

 かつてソフトウェアがうまく動作しないときはウィルス対策ソフトを停止してみろなんて言われていた時代がありましたが、最近のウィルス対策ソフトはずいぶんと改善されてきたというのが私の個人的な感覚です。ただ、今でもたまに悪さをするようですね。こちらは停止だけでは解決せず、アンインストールしなければならなかったようです。

 ネットでは「盗られて困る情報なんてないから」とノーガード戦法を貫くとても漢らしい人を見かけますが、いざウィルス感染すると OS のクリーンインストールだけでなく、場合によってはマスターブートレコードまで含めた HDD のフォーマットをしなければならなくなったりするので、ウィルス対策ソフトは入れておいたほうがよいでしょう。

 私は長いことウィルスバスターを利用しています。ほかの製品に比べて少しお高いのですが、動作の安定性、動作の軽さ、サポートの手厚さなどを考えれば納得のお値段だと思います。ノートンも有名ソフトではあるのですが、過去にこいつのせいで苦い経験があるので、私はあんまり好きではない。

 危険なサイトなんてまず閲覧しないという人であれば、無料のウィルス対策ソフトがネットで簡単に見つかるはずです。その場合、ウィルスパターンファイルの提供が有料ソフトに比べて遅れる傾向にあるので、普段から怪しいサイトには近づかないように気をつけたほうがよいでしょう。最近は無料のソフトでも結構優秀なようです。

 ウィルスバスターはアマゾンで30日間の無料体験版をダウンロードできるので、とりあえず試してみるだけでもいいかもしれません。

インターネットオプションの設定変更 その1

インターネットオプションダイアログの詳細設定タブにおいて、「GPU レンダリングでなく、ソフトウェア レンダリングを使用する」にチェックを入れます。お使いのパソコンが GPU レンダリングに対応していない場合には、チェックボックスは無効です。

20161013_10

下にスクロールして、「サード パーティ製のブラウザー拡張を有効にする」のチェックを外します。

20161013_11

コンピューターを再起動します。

インターネットオプションの設定変更 その2

再度インターネットオプションダイアログの詳細設定タブにおいて設定を変更します。次の項目のチェックを確認してください。

  • 「スクリプトエラーごとに通知を表示する」のチェックを外す
  • 「スクリプトのデバッグを使用しない(Internet Explorer)」にチェックを入れる
  • 「スクリプトのデバッグを使用しない(その他)」にチェックを入れる

20161013_12

さらに「自動クラッシュ回復機能を有効にする」のチェックを外してください。

20161013_13

コンピューターを再起動します。

「Fix it」で修復する

マイクロソフトが「Fix it」という Windows のエラーを自動で修復してくれる無料のアプリケーションを配布しているので、これを使って Internet Explorer を直します。ウィザード形式になっているので、迷うことはないと思います。リンクはこちら。

こちらをクリックしてダウンロードしてください。

20161013_14

JWORDをアンインストールする

ネットでなにかと評判の悪い JWORD ですが、これをアンインストールすると解決する場合があるようです。Internet Explorer の左側バーに表示されるアレですね。こちらが詳しいです。

ドライバをアップデートする

ハードウェアを制御するソフトウェアのことをドライバと呼びますが、これを最新バージョンにアップデートすると解決することがあるようです。私は自作パソコンなので詳しくないですが、パソコンを販売しているメーカーの公式ホームページで Internet Explorer が動作しない問題について検索すると、ドライバのバージョンアップを勧めていることがあります。特に、ディスプレイドライバが問題を引き起こすパターンが多いみたいですね。

メーカー製パソコンの場合、簡単な手順でドライバをバージョンアップするためのツールがインストールされていると思うので、公式ホームページや説明書をよく確認するとよいと思います。

システムサービスを無効化する

少し難易度が上がりますが、「WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery Service」というシステムサービスを無効化すると解決することがあるようです。

参考にしたリンク先では、コントロールパネルからネットワーク探索を無効化していましたが、システムサービスさえ停止してしまえばこの手順は必要ないんじゃないかな?

コントロールパネルで「システムとセキュリティ」→「管理ツール」とクリック。

20161013_15

「サービス」をダブルクリックします。

20161013_16

「WinHTTP Web Proxy Auto-Discovery Service」を選択し、右クリックで「停止」にすればサービスを無効にすることができます。

20161013_17

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!

TOP