GIMPでガイドを活用してみる

 GIMPにレイヤーとして読み込んだ画像をきれいに並べる方法はいくつかありますが、キャンバスの端から何ピクセル離して置きたいといった場合、ガイド機能を使うと便利です。

 以前にグリッドを使って画像を並べる記事を書きましたが、グリッドは一定の間隔になっている格子状の交点を使うしかないため、少々自由度に欠けるところがあります。

GIMPでグリッド(格子線)を使って画像を正確に配置してみる

 ガイドはいちいち一本ずつ設置しなければならない手間がありますが、好きな位置に配置できることからグリッドよりも使い勝手が良いと思います。

 今回は単純に画像を並べるだけでなく、そのほかにいくつかの応用を紹介しますので、GIMPによる画像編集のヒントにしてみてください。

ガイドを使う前に

まずは作業をはじめる前に準備をします。メニューの「表示」から「ガイドの表示」と「ガイドにスナップ」、「ルーラーの表示」にチェックを入れておきましょう。

スナップを使うといちいち虫眼鏡ツールで拡大しなくても、1ピクセルもずれることなく操作ができるのでおすすめです。

ルーラーはキャンバスの左と上に表示される目盛りのことです。ガイドに連動しますので、表示しておいたほうが便利でしょう。

ガイドの置き方

メニューの「画像」→「ガイド」とたどっていくと、「新規ガイド」とあります。

原点は左上です。パーセントとピクセルの2種類の方法があります。

まずはパーセントから。「新規ガイド(パーセントで)」をクリックすると、ダイアログが表示されます。

方向には水平と垂直があり、キャンバスの右下が100%になります。

例えば水平:50%、垂直:50%に設置すると、キャンバスのど真ん中の点を得ることができます。

「新規ガイド」を選ぶと、原点からの距離をピクセル単位で指定することができます。例えば、今回のキャンバスは640X400ですが、水平に150ピクセル、垂直に500ピクセルのガイドを設置するとこうなります。

ガイドの移動

一度設置したガイドは動かすことができます。移動ツールをクリックしてから、ガイドにマウスポインタを近づけてください。

ガイドが赤くなったら移動できるようになりますので、左クリックを押したままドラッグして好きなところに移動してください。

ガイドの消去

移動ツールにしてからマウスポインタを近づけると赤くなって移動できるようになりますが、これをキャンバスの外にビュンと持っていくと、ガイドが消えてしまいます。

メニューの「画像」→「ガイド」→「すべてのガイドを削除」をクリックすればガイドを削除できますが、これだと全部消えてしまいます。一本だけ消したいときにはこの方法で削除してください。

ちょっと変な操作なので、私はいつも笑ってしまいます。

画像を並べる

ガイドを利用して画像を並べてみましょう。

実験用に新しいキャンバスを用意します。テンプレートから640X400ピクセルの大きさにしました。画像ですが、こちらはいつもお世話になっている写真ACさんから、幅が640pxのものを3枚お借りします。

ダウンロードした画像をマウスの左クリックでキャンバスにドラッグ&ドロップします。

キャンバスに対して画像が大きすぎました。画像を縮小します。拡大・縮小ツールを利用します。

拡大・縮小ツールをクリックしたら、目的の画像を左クリックしてください。次のようになるはずです。

ダイアログが表示されるので、お好みの数値を入力してあげてください。今回は縦横比をそのままに幅を150ピクセルにしました。その他の画像にも同様の操作を行います。

チャッチャッとガイドを作成します。ピクセル指定で水平が50、垂直が30、180、210、360、390でガイドを作成しました。

あとは移動ツールで画像を動かしてあげるだけです。スナップを有効にしてあるので、拡大しなくても1ピクセルもずれることなく移動できて非常に便利です。

四角を横に並べる

横や縦に並んでいる四角を作成すると言い換えればよいでしょうか。

Webデザイン界隈では、Photoshopを使ってブログやホームページのデザインを行うことが多いです。例えば、カード状のレイアウトなどを見たことはないでしょうか?なんとなく意識して作ってみましたが。

四角形の大きさや位置はツールオプションから決めることもできます。矩形選択ツールを使って、適当な場所と大きさに四角形を作成し、座標やサイズを決めてから塗りつぶせば四角形になります。

もちろんこの方法でもできるのですが、ガイドを活用すると後から位置や大きさを変更したいときに柔軟に対応できます。ワンポイントに使うアイコンや画像の位置決めにも便利です。

まずは置きたい場所に目的の大きさの四角形になるようにガイドを作成しておきます。

矩形選択ツールをクリックし、適当に四角を作ります。

点線がウネウネしている四角形の四隅に小さい四角形があります。マウスをこの上にもってくるとサイズ変更モードに切り換わりますので、

ガイドの交点までドラッグ&ドロップします。スナップを有効にしてあるので、拡大しなくても1ピクセルもずれることなくサイズを変更することができます。

反対側にも同様の操作を行えば、好きな場所に好きな大きさの四角形を作成することが可能です。

この状態で塗りつぶしツールをクリックし、塗りたい色を指定すれば四角形の完成です。

ガイドを次々と作成して同様の操作を行えば、横に並んだ四角形が出来上がります。

この後はガイドを追加して、アイコンや画像、テキストなどを配置していけばデザインレイアウトを作成することができます。

作業をしていて気づいたのですが、最初に大きさやガイドの位置を紙などでしっかりとデザインしておいたほうがいいと思います。デザインを気にしながらガイドなどの位置を決めたりするのは結構大変です。

決められた範囲に文字を収める

写真の上にテキストを表示したい場合に、決められた範囲からはみ出したくないときがあるかもしれません。そのようなときにもガイドが活躍します。

次のような画像にテキストを挿入したいとします。こちらも写真ACさんからお借りしたものを少し切り取って、不透明度50%でグラデーションをかけたものです。

テキストの範囲をガイドで作成します。

テキストツールをクリックしたら、ガイドの内側を左クリックしてください。

マウスポインタを近づけるとサイズ変更モードになりますので、グリッドの交点までドラッグ&ドロップします。

スナップを有効にしてあるので、拡大しなくても1ピクセルもずれることなくサイズを変更することができます。

反対側にも同様の操作を行います。

テキストの範囲が決まりましたので、文字を入力していきます。

私の環境ではデフォルトのフォントサイズが18ピクセルだったので、少し大きい気がします。これをこちらのダイアログを使って修正していきます。

ツールオプションから揃え位置などの編集もできるので活用してください。行間隔や文字間隔の変更も可能です。テキストボックス内で改行ができることも覚えておくとよいです。

細かい修正をしたら完成です。ついでなのでガイドを追加して塗りつぶすと、

それっぽくなるのではないでしょうか。なんとなくブログのヘッダー画像を意識してみました。

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


Si prega di attivare i Javascript! / Please turn on Javascript!

Javaskripta ko calu karem! / Bitte schalten Sie Javascript!

S'il vous plaît activer Javascript! / Por favor, active Javascript!

Qing dakai JavaScript! / Qing dakai JavaScript!

Пожалуйста включите JavaScript! / Silakan aktifkan Javascript!

TOP