GIMPの「ファジー選択」と「色域を選択」の使い方

GIMPには似た色をまとめて選択範囲にできる「ファジー選択」と「色域を選択」というツールがあります。様々な色が混ざっている写真などの範囲選択は不得手なイメージがありますが、しきい値を調整したり選択範囲の加算モードを活用するなど、工夫すればとても効率良くワンクリックで選択範囲を作成できます。

基本的な使い方

「ファジー選択」はクリックした場所の「色」を拾って、連続した場所にある近似色をまとめて選択範囲にするツールです。離れた場所の近似色も選択したい場合には「色域を選択」を使います。

具体的に見てみましょう。「ファジー選択」をクリック。

イラストの前髪の部分をクリックしてみます。クリックした場所の近似色で連続した部分が選択範囲になります。

今度は「色域を選択」をクリック。

先ほどと同じ場所をクリックしてみます。

カチューシャや耳で分断された離れた場所でも選択範囲にしてくれます。

色が混ざった写真などは苦手です

グラデーションがかかっていないイラストなどでは威力を発揮するのですが、写真などになるとうまく範囲選択してくれないことがあります。

例えば、こちらの写真で色域を選択ツールを使って赤い部分をクリックしたのですが、うまく選択範囲として認識してくれません。

加算モードを活用する

解決方法として、まずは範囲選択ツールの加算モードを活用することが挙げられます。加算モードはほかの選択ツールと共通の機能なので、覚えておくと役に立ちます。こちらで解説しました。

GIMPの矩形選択ツールの使い方 | Naokix.net

ファジー選択ツールで解説します。基本的な考え方は色域を選択ツールでも同じです。

ツールオプションの「選択範囲に加えます」をクリックして加算モードに移行します。

あとはひたすらポチポチとクリックしていくだけです。間違った場所を選択してしまった場合には、キーボードのCtrl+Zでひとつ前に戻ることができます。

通常モードのままでもShiftキーを押しながらポチポチとクリックすれば加算モードと同じ結果になります。

しきい値を変更する

ファジー選択・色域を選択ツールには「しきい値」という設定項目があります。しきい値を大きくするほど、より遠い同系色でも選択範囲として認識してくれるようになります。何度もクリックするのが大変な場合には、こちらを活用するとより簡単に選択範囲にしてくれます。

設定はツールオプションから行えます。

例えば、こちらはしきい値を15で設定し、マグロの部分をクリックしたものです。

今度はしきい値を50に設定して同じ部分をクリックしてみます。

より遠い同系色を近似色として認識してくれています。

しきい値変更の独特な操作

ここまでしきい値の設定はツールオプションから行っていましたが、しきい値にはもうひとつ設定方法があります。

マウスの左クリックを押したまま選択したい範囲をグリグリすると、しきい値の数字が変化するのがわかります。カーソルを左・下方向にグリっとするとプラス、上・右にグリっとするとマイナスです。しきい値の変更のために何度もツールオプションを触らなくて済むので便利です。

ツールオプションでしきい値の数字が増減しますので、マウスカーソルをグリグリしながら確認してみてください。

まとめ

ファジー選択・色域を選択ツールの使い方として、しきい値を上げて広範囲を選択した後、加算モードで残りをポチポチしていく流れになると思います。

選択したくない部分まで範囲になってしまった場合、クイックマスクで修正すると効率的です。こちらで記事にしましたので参考にしてください。

GIMPでクイックマスクを活用した範囲選択 | Naokix.net

ワンクリックで自動的に選択範囲を計算してくれる便利なツールなのですが、輪郭のはっきりしてないごちゃごちゃした画像に使うには向いていません。うまくいかなかったら用途にあった選択ツールを選びましょう。

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


TOP