GIMPでの素早い範囲選択なら「電脳はさみ」がおすすめです

GIMPで画像の一部をコピーやトリミングする場合、素早く範囲選択を作成したいなら「電脳はさみ」がおすすめです。選択したい部分の周りを左クリックでポチポチとすると自動で境界を計算してくれるため、GIMPを使い慣れていない初心者でも簡単だと思います。

電脳はさみの使い方

電脳はさみツールをクリックします。

今回はこちらのおねーさんを切り抜いてみたいと思います。

選択範囲にしたい境界線上を左クリックでポチポチしていきます。クリックした部分が白い丸印で表示されます。白い丸印の間の白い線はGIMPが自動的に計算してくれます。

直線やゆるい曲線であればクリック数は少なくて済みます。凹凸の激しい部分には短い間隔で多めにクリックをすると、選択範囲を作成したときにきれいです。

ぐるっと一周したら、一番最初に置いた丸印をクリックしてつなげます。

ぐるっと囲んだら修正です。画像によっては丁寧に丸印を置いたにもかかわらず、うまく境界を計算してくれないときがあります。

丸印は後から左クリックのドラッグで移動することができます。

また、自動的に計算された境界線の上でクリックすると、丸印を後から追加できます。

丸印を移動したり増やしたりすることで、うまく計算してくれなかった境界線を修正してください。

最後に一周した内側を左クリックするかキーボードのEnterキーを押すと、囲んだ部分が選択範囲となります。

電脳はさみでのおすすめの設定

GIMPには選択範囲を作成するためのツールがいくつも用意されています。それらのツールとして共通しているのが、「選択を失敗したら、メニューの「元に戻す」やCtrl+Zでひとつ前に戻ることができる」ことです。ところが、電脳はさみはこの操作ができません。

全部囲んだ後で修正はできるのですが、ポチポチした数が多いとうっかり修正するのを忘れてしまうかもしれません。そこでおすすめなのが、ツールオプションの「新規ノード追加時に境界を表示」です。

まず最初に丸印を置きます。

次に置く丸印ですが、左クリックをドラッグしてぐりぐりしてください。

自動的に計算される境界が表示されます。左クリックを離すまでは確定しないので、とりあえずいけるとこまでドラッグし続けます。

凹凸をいくつか通過すると自動計算の限界がきます。

限界がきたら少し前に戻り、きれいに境界線を計算できるところで左クリックを離して丸印を確定させます。

ドラッグを続けるので少し手が疲れますが、この方法なら修正するのを忘れることはありませんし、闇雲に置いた丸印をあとから修正する手間も省けます。

拡大にズームツールは使えません

細かい部分で作業をするときは対象を拡大すると肩が凝らなくて済みます。狙った部分を拡大するのに便利なので、私は「ズーム」ツールを多用しています。

ところが、電脳はさみを使っている途中で拡大するためにズームツールをクリックすると、今までクリックしていた丸印が勝手に解除されてしまいます。

電脳はさみ使用中に画面の拡大・縮小をしたくなったら、ウィンドウの下側にあるこちらの倍率から行うようにしてください。

マウスカーソルをキャンバスの上に持ってきて、キーボードのCtrlキーを押しながらマウスホイールを回転させても、解除されずに画面の拡大・縮小が行えます。

細かい部分を修正するならクイックマスク

境界を自動的に計算してくれて楽チンなのですが、画像によっては何度修正をしてもうまく計算してくれない場合があります。

また、大雑把に手早く切り抜くならいいのですが、拡大してよく見てみると細かい部分はどうしても選択できていないことも多いです。

そこで、細かい選択範囲の修正にはクイックマスクを活用するときれいに直すことができます。こちらで記事にしましたので参考にしてください。

GIMPでクイックマスクを活用した範囲選択 | Naokix.net

まとめ

大雑把に切り抜くなら電脳はさみはとても効率的なツールです。細かい部分まできれいに選択したいなら、電脳はさみでおおまかに選択した後にクイックマスクで修正するとよいでしょう。

電脳はさみは境界を自動で計算してくれるのでとても便利なのですが、自動であるが故に人物が重なっていたり、背景と切り抜く対象の色が似ているとうまく選択範囲を作成することができません。

GIMPにはいくつもの選択ツールが用意されており、それぞれに一長一短があります。選択範囲を作成する画像にあわせて上手に使い分けるようにしましょう。

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


TOP