GIMPで画像をトリミング

GIMPで画像の一部をトリミングするには、いくつもの方法があります。画像にあわせて柔軟な方法を採用することができるのですが、その反面あまり使い慣れていない人だとどのツールを使ってよいのか混乱してしまうかと思います。

今回は画像の種類や状況にあわせて、どのような方法が最適なのかを考えてみたいと思います。

素材

操作説明に使った素材はこちらの素材サイトさんからいただきました。今回使ったもの以外にも素敵な素材をたくさんそろっているので、これを機会にぜひご利用ください。利用規約はちゃんと確認しましょう。

ぱくたそ-フリー素材・無料写真ダウンロード
かわいい無料イラスト素材(商用可)|はちドットビズ
季節、学校、動物、スポーツなどの無料イラスト素材|イラストポップ

選択範囲の解除

選択範囲を作成する方法はいくつもありますが、解除する方法はすべて同じです。メニューの「選択」→「選択を解除」をクリックします。

キーボードのショートカットキーとしてCtrl+Shift+Aを同時に押しても同じです。

ざっくりでいいから手早く切り抜きたい

自由選択

大雑把でいいのでとにかく早く切り抜きたいのであれば、自動選択ツールが一番です。フリーハンドで切り抜きたい対象をぐるっと囲み、最初にクリックした部分につなげるだけで選択範囲にできます。

ほかの選択ツールのようにきれいに切り抜くことはできませんが、スピーディであることを重視するならこちらがおすすめです。

矩形選択

切り抜いた形が必ず四角くなりますが、こちらも手早く切り抜くには最適なツールです。ブログをやっているなら、アイキャッチ画像の加工などでよく使うことになると思います。

フリーハンドでの範囲選択だけでなく、座標や大きさを指定することも可能です。ツールオプションの設定によっては便利な機能も用意されています。くわしい使い方についてはこちらで記事にまとめました。

GIMPの矩形選択ツールの使い方 | Naokix.net

数クリックでがっつりと範囲選択したい

矩形選択や楕円選択を使った切り抜きでは、必ず四角か丸になってしまいます。実際に切り抜きたい形はもっとデコボコしていることが多いはずです。

また、自由選択はフリーハンドであるため、ある境界に沿って切り抜こうとすると逆に手間がかかってしまいます。細かい作業を目測でやろうとすると、思った以上に大変です。

電脳はさみ

切り抜きたい対象の境界をポチポチと左クリックしていくと、その間を自動的に計算してくれる選択ツールです。たまに上手に選択してくれないときもありますが、ツールオプションの設定によってより精度を高めることができます。

使い方についてはこちらからどうぞ。

GIMPでの素早い範囲選択なら「電脳はさみ」がおすすめです | Naokix.net

ファジー選択と色域を選択

キャンバスで左クリックをした場所の色によって選択範囲を自動的に決定してくれるツールです。グラデーションのかかっていないイラストで威力を発揮するのはもちろんですが、ツールオプションの設定次第で写真での範囲選択にも使うことができます。

しきい値の設定方法が少し独特ではありますが、この操作をマスターすると左クリックとツールオプションの間を行ったり来たりする手間が省けるのでとても便利です。

くわしくはこちらのリンク先をご覧ください。

GIMPの「ファジー選択」と「色域を選択」の使い方 | Naokix.net

苦手なもの

電脳はさみやファジー選択はそれほど多くないクリック数で対象を切り抜ける便利なツールなのですが、苦手とする場面もあります。

例えば、いろいろなオブジェクトが重なり合っている写真などです。この画像で電脳はさみを使って一番手前の青い車を選択しようとすると、背後の車との境界をうまく計算してくれません。

また、切り抜きたい対象と背景との色が連続していたりすると、こちらもうまく境界を計算できなくなります。ファジー選択で手前の車のフロント部分を選択してみたのですが、背景の色との違いがはっきりしないためにうまく選択できていません。

写真の素材サイトさんに行くと、下のような人物写真をよく見かけると思います。これはブログのアイキャッチ画像を意識して用意してくれていると思うのですが、このタイプの画像であれば電脳はさみ・ファジー選択・色域を選択は得意です。

電脳はさみを使って人物の境界を丁寧に囲んでいくのも方法のひとつですが、私なら人物の背景をファジー選択でクリックします。背景がほぼ一色だからですね。

一部選択できなかった部分が残っていますが、しきい値を変更して再度選択し直すか、これから紹介するクイックマスクを使って修正すればよいです。

細かいところまできっちりと切り抜きたい

電脳はさみは自動的に境界を計算してくれるためとても便利なのですが、GIMPも万能ではないためうまく選択してくれない場合があります。

特に形状が複雑になるほどこの傾向は顕著で、写真に写った指の形を切り抜こうとするとクリックする回数が多くなり、せっかくの電脳はさみのメリットが薄れてしまうことがあります。

また、ファジー選択や色域を選択では背景と切り抜きたい対象の色が似ているとしきい値を上げることができません。背景ごと選択されるのを避けるにはしきい値を低いままにしなければならず、クリック回数が多くなってしまいます。

しかも画像を拡大してよく見てみると、どうしても細かい部分はうまく選択できていなかったりします。

パス

パスツールはペジェ曲線を利用してなめらかな曲線を描いたり複雑な図形の作成に使われるツールですが、範囲選択としても活用することができます。

すべて自分で境界を決めなければならない手間はありますが、切り抜きたい対象の形状や背景色に関係なく選択範囲を作成することが可能です。

パスを選択ツールとして使う方法についてはこちらのリンク先でまとめました。

GIMPのパスを使った便利な画像の切り抜き方 | Naokix.net

クイックマスク

主に選択範囲を修正するために使われることの多いツールですが、鉛筆ツールの設定を工夫すると選択ツールとしても活用できてしまいます。

いくつもツールの使い方を覚えるのは面倒くさい、という人におすすめです。この方法であれば、広範囲な選択から修正までをひとつのツールで完結させることができます。

くわしい使い方についてはこちらをどうぞ。

GIMPでクイックマスクを活用した範囲選択 | Naokix.net

まとめ

GIMPには様々なタイプの選択ツールが用意されていますが、それぞれに一長一短があってなかなかこれが正解というものがありません。

手早く選択できるツールで大雑把に選択した後、クイックマスクで修正するというのが基本的な使い方になると思いますが、画像によってはほかの方法のほうが効率的なこともあります。

場面にあわせて柔軟に画像編集できるよう、いろいろ試してみてください。

「役に立った」と思ったら、記事のシェアをお願いします。

スポンサーリンク

Comment

コメント認証制です。反映されるまで時間が掛かる場合があります。
URLの記入はhttpのhを抜いて下さい(宣伝対策です)。
連続でコメントするとスパム扱いになる場合があります。
しばらく待ってからコメントしてください。

CAPTCHA


TOP